グレータールイビル日本語補習校
校長挨拶


      

皆さまこんにちは。

グレータールイビル日本語補習校のホームページへようこそ。

 

 グレータールイビル日本語補習校は、子供達に日本語と日本文化を育ませたいと願うルイビル近郊の日本人と日系企業によって1988年に創立されました。

当初、数人の生徒によって始まった本校は、2008年には創立20周年を迎え、現在は幼稚部、小学部、中学部合わせて約20名の児童・生徒が、国語、算数/数学、社会を中心に学習しています。

 

 本校では主に、日本に帰国する子供達を対象に、日本語による教育を行い、帰国後の学校教育の適応、人格形成を目的に、日本の教科書を用い日本の学校環境に則して授業を行っております。また、かるた会、書初め会、運動会、学習発表会など、日本ならではの学校行事を毎年実施するとともに、市が開催する行事にも積極的に参加し、日本文化の紹介にも貢献しています。

生徒は、月曜から金曜日まで現地校で英語を中心とした学習を行い、土曜日には本校で日本語による補習学習を行うことで、現地校と補習校、英語と日本語による学習を両立させながら、日々楽しく勉学に励んでいます。

 

 本校では創立以来、少人数ながらも子供たちが安全に楽しい雰囲気で勉学に励めるよう、教職員、父母、運営委員会、生徒達が一体となって知恵を出し合い、よき学校づくりを目指してきました。創立から20年以上経った今も、その方針は変わらず、教師、父母、生徒達に受け継がれ、グレータールイビル日本語補習校の大きな大きな財産となっています。

これからも、グレータールイビル日本語補習校は、子供たちが日米双方の言葉と文化を学び、広い視野を持った国際人として未来に羽ばたけるよう、この地での教育活動を続け、子供達に安全で楽しい学びの場を提供し続けるよう努力してまいります。

 

校長 木村 進一

 

 

 

 

 

 トップページへ戻る